トンデケアが効く人、効かない人の違いとは

トンデケアが効く人、効かない人の違いとは

 

どんな薬も人によって効く、効かないがあります。体質の違いでその効果に差が出るのですが、トンデケアも人によって効果が違うのでしょうか?

 

トンデケアが効く人と効かない人の違いを調べてみました。

 

トンデケアは何に効くのか

 

トンデケアは主に関節痛と神経痛に効果を発揮します。関節痛とは腰や膝関節が痛み、肩こりや五十肩も起こる現象です。

 

関節痛は骨と骨との間にある軟骨が、加齢によりすり減ることで起きます。

 

軟骨はクッションの役割をしているので、減ってしまうと骨同士が当たる為に痛みが起きるのです。

 

 

一度減ってしまった軟骨は元には戻らないのですが、トンデケアを服用することで痛みを和らげることができるのです。7つの有効成分が入った医薬品ですので、その効果と安全性も信頼できます。

 

 

さらに全身に効くので、眼精疲労や肉体疲労にも効果を発揮します。

 

それぞれの成分が働いて、エネルギーを作ったり血流を改善したり、自律神経のバランスを整えてくれるのです。

 

 

トンデケアが効かない原因は?

 

トンデケアは即効性があるものではなく、じわじわと効果を発揮するものです。

 

その為飲んでも効かないと感じる方もいますが、いくつか原因を考えてみましょう。

 

まずは普段の食生活で栄養がきちんと摂れていない場合が考えられます。

 

トンデケアの有効成分は主にビタミンB群です。ビタミンB群が痛みのある患部に作用するのですが、そもそもの栄養が足らないと患部ではなく他の部分に使われてしまうのです。

 

ですのでトンデケアの効果を生かすためにも普段の食生活をバランスよく整えることが大切です。

 

いままでトンデケアのような製品を使っても効果が現れなかったという方も、まずは食生活を見直してみましょう。そして飲んですぐに効果が出ない場合もしばらく様子をみてみましょう。

 

 

また、関節痛や神経痛だと思っていても実際は違う病気が隠れていることもあります。

 

ですのでトンデケアを服用して1カ月経ってもなんの変化も現れない方は、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

腰痛や眼精疲労の改善が目的でトンデケアを服用している人は、患部を温めたり軽いストレッチやウォーキングを取り入れるとより効果的です。

 

 

まとめ

 

トンデケアは毎日1回、必ず飲み続けないとその効果が現れません。

 

医薬品ですので飲み忘れてしまうと、体の中で有効成分が持続しないのです。また、飲み忘れた翌日に2回飲んでしまっても効果が現れないどころか過剰摂取になる恐れがあります。

 

トンデケアは用法容量を守って正しく服用することでその効果を発揮してくれるのです。