関節痛に効く医薬品トンデケアの副作用や危険性とは

関節痛に効く医薬品トンデケアの副作用や危険性とは

関節痛に効くというトンデケアは医薬品に分類されます。

 

医薬品とはなんなのでしょうか?そしてトンデケアの副作用や危険性についても調べてみました。

 

 

医薬品とは?

 

医薬品とは、サプリメントなどの健康食品とは違って法律で成分や製造が管理されているものです。

 

医薬品には法律と臨床試験が関わってきます。

 

その為品質が高く、製造工程も高い基準でしっかりと管理されています。細胞実験、動物実験、ヒト実験を得てデータを取り、有効性と安全性を高めた商品です。

 

 

国から商品が承認されていて医師や薬剤師が管理しているので、利用者も安心できます。

 

さらに成分名と含有量、効果や効能もしっかりと表示されているので信頼できる製品となっています。ですが医薬品の為、服用期限も決まっているので注意が必要です。

 

 

医薬品は病気を治すものですので、改善されたら使用を中止しなくてはいけません。

 

一方サプリメントには科学的根拠がはっきりしない物が多く、法律や臨床試験は関わってきません。

 

細胞実験と動物実験のみでヒト実験を行っていないのですが効果じたいはあると言われています。

 

 

医薬品と違って効果や効能を表示できないのですが、健康を維持してくれたり増進してくれたりと、穏やかな効き目は期待されます。

 

食品の一部として定義されるので、医者や薬剤師の管理も説明も必要ありません。

 

 

トンデケアが関節に効く理由

 

トンデケアには肘や膝などの関節痛を和らげるために、7つの有効成分が最大量配合されています。

 

有効成分がそれぞれ血流を良くしてエネルギーを作りだし、自律神経の働きを助けてくれるのです。

 

 

関節痛を起こす原因となる加齢による軟骨の減少は元には戻りません。ですが、症状を和らげて穏やかな毎日を送る手助けはできるのです。

 

 

トンデケアはマッサージや湿布などの一時しのぎのケアとは違って、体の中から変えていく製品です。有効成分が体全体にめぐるので、体のあちこちで関節痛が起きる方にも効果的です。

 

 

トンデケアの副作用と危険性は?

 

トンデケアは効果が高いと言われている第3類医薬品です。

 

医薬品は第1類から3類まであり、3類は比較的副作用が低く薬剤師が居なくても購入できる製品です。ですがまれに嘔吐やかゆみなどの副作用が起きる場合があります。

 

 

体質にもよりますので、万が一副作用が起きた場合には服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

 

さらにトンデケアは1日1回の服用でいいのですが、用法容量を守らないと成分の過剰摂取で副作用のリスクが高まることがあります。

 

トンデケアの説明書をよく読んで、正しく服用しましょう。

 

 

まとめ

 

トンデケアの成分のほとんどがビタミンB群の為、副作用が起きる危険性は少ないです。

 

効き目の高い医薬品は副作用も高いと考えられがちですが、体質やアレルギーの方以外は間違った使い方をしなければ大丈夫だと言えます。