トンデケアと関節サプリはどっちを飲むべき?関節痛に効くのはどっちだ

トンデケアと関節サプリはどっちを飲むべき?関節痛に効くのはどっちだ

トンデケアと関節サプリ、どちらも関節痛に効果があるといわれているのですが、何が違うのでしょうか?トンデケアは関節サプリに含まれないのでしょうか?

 

その理由とそれぞれの特徴、どちらが関節痛に効くのか調べてみました。

 

 

関節痛は何故起きるの?

 

関節痛が起きる原因にはいくつかあります。運動により関節を酷使して炎症や変形を起こしている場合と、加齢や肥満による関節軟骨の変形です。

 

関節痛の原因がはっきりわかるものとわからないものがあり、対処方法がかわるのでまずは検査を受けましょう。

 

 

関節と関節の間にある軟骨はクッションの役割をしているのですが、加齢などで少しずつすり減り、しだいに骨同士がぶつかり合うようになるのです。

 

初期の関節痛はずっと痛むというものではないので対処が遅れることがあります。

 

筋肉痛や年齢による痛みだと安易に考えてしまうと対処が遅れて進行してしまうので、早めに病院に行きましょう。

 

悪化すると日常生活に支障が出てしまうので、筋肉もどんどん衰えていきます。

 

そうなるとまた関節痛が進行するという悪循環に陥るのです。

 

 

トンデケアと関節サプリの違いは?

 

トンデケアは膝などの関節痛を改善する薬です。

 

加齢によりすり減った軟骨は元には戻らないのですが、トンデケアの7つの有効成分により痛みを和らげてくれるのです。まず、栄養をエネルギーに変えて血流を促進し、神経をサポートしてくれます。

 

 

痛みの個所はいろいろありますが、トンデケアは全身に成分が行きわたるので、膝だけでなく腰や手首など全身の関節痛も和らげてくれます。

 

効果の高い第3類医薬品なので、1日1回飲むだけという手軽さです。

 

 

医薬品はサプリや健康食品とは違ってその効果が認められているので安心して飲むことができます。

 

関節サプリがトンデケアと違うのは、医薬品ではなく健康食品というところです。

 

健康食品はその効果をはっきりと伝えることができません。ですがトンデケアは医薬品ですのでしっかりと関節痛に効くと言えるのです。

 

そのぶんトンデケアの方が体質に合う、合わないがはっきりしています。

 

 

副作用や対象年齢に注意

 

ごくまれに下痢や便秘、吐き気などの副作用が起きる場合があるますが、用法、用量を守っていればほとんど気にすることはないです。

 

ですが万が一副作用が起きてしまった場合にはトンデケアの説明書を持って医者や薬剤師に相談しましょう。

 

 

さらに関節サプリと違って15歳未満は服用できないので注意してください。サプリメントは会社によって品質にばらつきがあることもあり、信頼できる会社を選ぶことが大切です。

 

 

関節サプリは副作用も無く、関節痛を起こさない成分を補う健康食品です。

 

有効成分がどの役割をするのかがはっきりわかっているので、自分の症状に合わせて含まれている有効成分を選びましょう。

 

 

最も耳にするのはグルコサミンとコンドロイチンですが、聞いたことのある成分には安心感があるので抵抗なく飲めます。

 

また、関節痛を改善するだけでなく予防する役割もあるので、少し関節が気になるといった程度の方にも飲んでいただけます。

 

 

関節痛に効くのはどっち?

 

トンデケアは医薬品で関節サプリは健康食品ですので、関節痛に効果のあるのはトンデケアになります。

 

ですが効果がある分副作用が起きる可能性もあり、年齢制限もあるので飲み方に注意しましょう。

 

 

関節サプリと違って薬局では取り扱っておらず公式サイトでの販売のみですが口コミでも評価が高いです。