トンデケアの添付文書から読み解く関節痛への効果

トンデケアの添付文書から読み解く関節痛への効果

トンデケアには添付文書が入っており、それを見ることで関節痛への効果がわかるようになっています。

 

インターネット上でも見られるので、ドラッグストアや薬局で販売されていないトンデケアの添付文書の内容もわかります。

 

トンデケアは関節痛や神経痛に効果があると言われている医薬品です。添付文書を見て、関節痛にはどのような効果があるのか読み解いてみましょう。

 

 

添付文書とは?

 

添付文書とは医薬品や化粧品などの警告や、使用上の注意点を記載したものです。

 

使用者や医師、薬剤師に向けて記載しており、薬機法に基づいて作成されています。

 

薬の箱や瓶の中に入っている小さい紙なので紛失することもありますが、電子化され公開されることが定められているので無くしても安心です。

 

 

添付文書にはまず医薬品としての区分が記載されています。

 

トンデケアは一般用の医薬品であり、第3類医薬品に分類されています。簡単に製品の特徴が記載されているので、配合されている成分や何に効果があるのかが一目でわかるようになっています。

 

 

他には注意点や消費者相談口も記載されているので、万が一副作用が起きた場合にはすぐに対処することができます。

 

今現在、他の薬を服用されている方やアレルギーのある方は、医師や薬剤師に相談するようにとの注意書きもあるので使用前に添付文書をよく読むようにしましょう。

 

 

薬を購入した時には医師や薬剤師の説明を受けますが、トンデケアのように公式サイトから購入した場合にはそれがありません。また、説明を受けても忘れてしまうことがあります。

 

ですので薬を購入したらまずは添付文書に目を通して、注意事項をしっかりと確認しましょう。

 

 

関節痛とは?

 

関節痛とは、加齢によって骨と骨との間にある軟骨がすり減ることで起きる症状です。

 

この軟骨はクッションの役割をしているのですが、軟骨がすり減ると骨同士が当たって痛みを生じるのです。
一度すり減った軟骨は元には戻らないのですが、トンデケアを服用することで痛みを和らげることができるのです。

 

 

トンデケアの添付文書から読み解く関節痛への効果とは

 

トンデケアの添付文書を見ると、膝や五十肩などの関節痛に効果があると記載されています。トンデケアはビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12を配合したビタミンB1・B6・B12製剤です。

 

これらは血流を促進してエネルギーの産生を助け、自律神経の働きを助けてくれます。

 

これによって関節痛の緩和に効果を現してくれるのです。

 

 

医薬品は毎日飲むことで効果を発揮しますが、1カ月経っても効果が現れない場合には添付文書を持って薬剤師や医師に相談しましょう。