トンデケアは腰痛に効くのか?そのメカニズムを調査

トンデケアは腰痛に効くのか?そのメカニズムを調査

トンデケアは関節痛や神経痛、筋肉痛に効果があると言われています。

 

トンデケアは第3類医薬品なのでサプリよりも効果が期待されます。

 

日本人には腰痛を患っている方が多いのですが、トンデケアは腰痛にも効果を発揮するのでしょうか?

 

 

腰痛は何故起きるのか?

 

腰痛が起きる原因はいくつかあります。筋肉痛やねんざ、内臓や精神的な問題が原因の場合もありますが、多くは腰じたいに異常があるタイプです。

 

 

私たちの脊柱は、横から見るとまっすぐではなくS字のカーブを描いています。

 

S字になっていると採び跳ねたり激しい動きをした時の衝撃が脳に伝わりにくいのです。

 

脊柱はいくつかの小さな骨からなっていて、それぞれの間にクッションの働きをする椎間板が挟まれています。この椎間板がさらに衝撃を和らげてくれるおかげで脊柱への負担を軽減できるのです。

 

 

しかし椎間板は老化が早く、25歳あたりから椎間板の水分は減り始めます。

 

さらに35歳を過ぎると軟骨の水分も減少していきます。そのためクッションの効果が弱まってしまい、腰椎への衝撃を軽減できなくなってしまうのです。

 

 

そしてその衝撃が腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

さらに筋肉も老化していくので、支えていくものがどんどん弱ってきてしまいます。腰が原因で起きる腰痛としては腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などが挙げられます。

 

 

原因のはっきりしない腰痛もありますが、これは慢性腰痛といい、湿布や運動などで効果が現れる場合もあります。

 

 

トンデケアが腰痛に効くメカニズムとは

 

トンデケアは神経痛や関節痛も効果があるのですが、腰痛も関節痛の一種です。

 

関節痛は骨と骨との間でクッションの役割をしてくれているものが、加齢によりすり減ることで起きます。

 

腰痛も脊柱の間でクッションとなっているものや筋肉が加齢により弱っていくことで起きています。

 

ですので、トンデケアは腰痛に効果的だと言えるのです。

 

 

すり減った軟骨は元には戻りませんが、トンデケアを服用することで痛みを和らげることが可能なのです。トンデケアが関節痛に効く理由は、含まれている7つの有効成分にあります。

 

 

この7つの有効成分がそれぞれ働くことで、栄養をエネルギーに変えることができます。

 

さらに血流も促進して血行を良くし、神経をサポートすることで痛みが緩和されます。

 

 

トンデケアの有効成分はほとんどがビタミンB群ですので、有効に患部に届けたいのならバランスの良い食生活を送ることも大切です。

 

トンデケアは医薬品ですのでその効果は期待されますが、毎日飲み続けなければ効果が発揮されません。そして1カ月飲み続けても何も変化が起きなければ、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

まとめ

 

関節痛や腰痛だと考えていても他の病気が隠れている可能性があります。

 

トンデケアの用法容量を守って正しく毎日服用することで、腰痛も緩和されていきます。即効性はないのですが、続けて飲むことで腰痛の改善が期待されます。